『風邪くらいで休むな!』という危険な教育

教育
この記事は約5分で読めます。

中東に出張していた会社員が『MERS(マーズ)コロナウィルス』に感染した。

帰国時、日本の空港に降り立った頃には既に発熱しており、体調不良を自覚していたが、空港の検疫所には寄らずに帰宅。

彼は、翌日も体調不良をおして会社に出社した。

結果、社内で感染を広めることになり、数日後には彼と職場の同僚が亡くなった。

ワイドショーの司会者は、体調不良を自覚していたにも関わらず、検疫所に申し出をせずに感染を広めて亡くなった会社員を強烈な言葉で糾弾した。

ワイドショーのレポーターは、彼の実家にまで押しかけ、息子が亡くなったばかりの両親に謝罪を求めた。

その時、インタビューに答えた父親の言葉が忘れられない。

『子供の頃から、風邪くらいで休むな!と教育をしてきた。だから、無理をして出社したんだろう。私の教育が間違っていた。申し訳ない。』

SNSでは、男性の氏名や住所特定を示唆するような投稿がされ、誰もが亡くなった彼を『犯人扱い』した。

しかし、数週間後、彼が感染源ではないことが発覚する。

大学病院の研究施設から『MERSコロナウィルス』が流出していた。

彼は帰国後、その大学病院で診察を受けた際に感染していた。

その事実を知った時、ワイドショーの司会者やレポーターは、どんなことを思ったのだろうか。

SNSで罵詈雑言を発信していた者は、何を考えただろうか。

・・・・・・・・・

・・・・・

みなさん、こんばんは。

冒頭のお話は、2018年に放送されたドラマ『アンナチュラル』の第1話です。

なんだか…今の日本の状況に似ていますね。。。

ドラマでは、感染が確認された建物の消毒作業や街中の人々がマスクをしている姿。

PCR検査や濃厚接触など今の日本と同じ景色やワードが出てきます。

ワイドショーやSNSも同じですね。

きっと…2年前ドラマを観たときは、ワイドショーやSNSに対して、嫌な気持ちになった人も多いと思いますが。。。

実際に新型コロナウィルスが日本に入り、現実の世界に同じような状況が作り出されたとき、ドラマと同じような行動を取ってしまう人が多く存在することが判明してしまいましたね。。。

残念の一言です。

それと同時に2年前に作られたドラマの秀逸さに感動すら覚えますw

完璧なシミュレーションでしょw

今、変わらなければならない体調管理教育

『風邪くらいで休むな!』

昭和に生まれた私たちの世代は、こう育てられました。

そう教えられて育った私たちの世代は、平成の時代でも、そう教えてきました。

でも、新型コロナウィルスが流行している令和の時代。

『風邪くらいで休むな!』という教育は無くなるでしょう。

というより、今そんな教育していたら、それこそ世間から叩かれるでしょうねw

それでも、つい最近まで、そのような教育が為されていた教育現場があるのも事実です。

下手すると、体調不良を訴えている生徒に学校へ来るように指導しているケースもあるし、登校してから病院に行くように指導するケースもあります。

体調悪いのに、わざわざ一回学校に登校させて通院させることに何の意味があるんやと思いますが…

大抵の場合は、上司から出席率などの目標を課せられている場合がほとんどですね。

本来の目的を見失い、目標しか見えなくなってしまっている組織に多いですね。

そんな無意味な教育に何を見出そうとしているのか、さっぱりわかりませんがw

私が『風邪くらいで休むな!』という教育に疑問を抱いたのは、2003年くらいです。

近隣国で『SARSコロナウィルス』が流行した頃ですね。

あの時も、日本人の多くの人がマスクを着けて話題になっていましたねw

日本では、感染者が出なかったため新型コロナウィルスのような混乱には陥りませんでした。

なので、学校の教育自体もそんなに変化はなかったですね。

でも…ふと思ったんです。

『風邪くらいで休むな!』

この『風邪』って誰が判断するんやと。

生徒自身が判断することも出来なければ、私にも判断は出来ないじゃないかと。

鯔のつまり、医者に診てもらって判断してもらうしかないわけです。

そう考えてからですね。

体調不良で欠席の連絡があった生徒は、無条件に休ませると決めたのは。

もちろん、普段から体調を整えるために何が必要かという教育は徹底的にしましたよ。

それでも、体調を崩すこともあります。

体調が悪い時に、ごちゃごちゃ言うてもアカンでしょw

なので部下に対しても、気持ちよく休ませるように指示していましたね。

風邪を引いても休まないという教育から、風邪を引かない教育にシフトしたわけですね。

そもそも体調不良で欠席することは『悪』なのか?

風邪くらいで休むなって…

バブルの頃、働けば働くほどに稼げた時代の名残りなんじゃないかと思うんですよね。

『ニジュ~ヨジカンっ♪働~けますかっ♪』の時代ですねw

でも、よく考えたら…体調不良で仕事を休むことって……

本当に『悪』なんでしょうか?

『職場に迷惑がかかる』

『お客様に迷惑がかかる』

本当にそうですかね?

大抵の場合、一人休んだところで何とかなるものです。

代わりがいない人って、ほんの一握りなんですよね。

ほとんどいないでしょ。

そう考えると…

無理に出社をして、同僚やお客様に風邪をうつすほうが余程、迷惑だと思いません?

体調は崩さないほうが良いに決まっていますが、体調不良になってしまった時には、むしろ休むことが正義だと思うのは私だけでしょうか。

『SARSコロナウィルス』でも『MERSコロナウィルス』でも変えられなかった常識を『新型コロナウィルス』をきっかけに大きく変わってくれることを切に願います。

新型コロナウィルスが終息したとしても。。。

今日は、ここまで。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました