厄年にジョブチェンを決意した男のプロフィール大公開!

Profile
この記事は約7分で読めます。

はじめに

はじめまして。

厄年に転職を決意した男の軌跡を追うドキュメンタリーブログをご覧頂き、ありがとうございます。

このブログは、2020年に転職を決意した男の軌跡を追うドキュメンタリーブログです。

ドラクエ風に言ってしまえば、ジョブチェンして魔王をぶっ飛ばしたい男の物語です。

私はもっぱらFF派ではありますが…笑

このブログでは以下のような内容を投稿する予定です。

  • なぜジョブチェンを決意したのか?
  • ジョブチェンしてまで実現したい事とは何か?
  • 実現させた時どんな世界が生まれるのか?

紆余曲折ありながらも、男が戦いに挑み続けるドキュメンタリーを面白がりながら応援して頂ければ幸いです。

そして、少しでもあなたの人生に影響を与えることが出来ればと思います。

まあ…良い影響かどうかはわかりませんが笑

カッコいい感じになってしまいましたが、これはドキュメンタリーです。

ドラクエの話は今後出てきません笑

そして、きっと成功よりも失敗のほうが多いと思います。

いや、絶対に失敗のほうが多いです。

全てをありのままに、ドキュメンタリーブログとして投稿していきます。

さて、少々前置きが長くなってしまいましたが、本題のプロフィール大公開です!

プロフィール -Profile-

筆者がインタビューを受けている図

≪基本情報≫  

【 氏 名 】 國米 裕樹(こくまい ゆうき)  

【生年月日】 1980年7月15日(39歳)  

【 出 身 地 】 兵庫県明石市  

【 在 住 地 】 熊本県宇城市  

【 職 業 】 教育デザイナー  

【 趣 味 】 読書  

【 部 活 動 】 ラグビー  

【 言 語 】 播州弁

2020年。厄年なのにジョブチェン決意!

学校長として5年が経過した年に、18年間務めた専門学校を退職し、教育デザイナーとして独立することを決意。

この5年間は私にとって非常に有意義なものでした。

多くの失敗を経験し、どのようにチームビルディングを行えば、最小の労力で最大の結果を生むかをひたすら考え抜いた5年間です。

18年間、教育産業で経験した失敗や成功の数々から得た『知識』『スキル』『ノウハウ』は、世の中の困り事を解決するんじゃないかと思ったのが転職を決意する、またブログを開設するキッカケとなりました。

こんなことに困っていませんか?

  • 部下教育に手を焼いている
  • 離職が止まらない
  • 若者にどう接してよいかわからない
  • 考えさせる教育って何?
  • 人に教えるって難しくない?
  • 子供の考えていることがわからない
  • 子供をうまく教育できるか不安 etc..

教育に対して、苦手意識や不安を持っている人が意外と多いことに気付きました。

また、教育産業で働く人達の中にも勘違いしている方が非常に多いことも事実です。

あなたが少しでも『教育』に興味があったり、不安を抱えているなら是非このブログを見てヒントにしてみてください。

2015年。熊本の地に降り立つ!

兵庫県明石市で育ち、大阪・神戸で働いていた男が熊本に移住する。

その日は突然訪れました。

当時34歳だった私は、神戸の専門学校で(一応)No,2としてバリバリと仕事をこなしていました。

いつものように職場で仕事をしていると社長に呼び出され…

『熊本に新しい風を吹かせてくれ。』

兵庫県でしか住んだことのない私に…まさかの出向…

まあ、そこはサラリーマンですから、二つ返事で快諾しましたよ。はい。

えっ?悩まなかったのかって?

そりゃ、普通めちゃくちゃ悩みますよね笑

でもね。

出向って、命令だから笑

悩んでもしゃーない笑

それよりも不安のほうが大きかったんです。

なんせ、快諾した後に続いた社長の言葉が衝撃でしたから…

『ほな、2週間後に着任でw』

いや、もう笑ろてもーてるやん。

さすがに2週間は無理です笑

結局は、引継ぎや熊本での住まい探しなんかも急ピッチで進めて、挨拶もそこそこに3週間で熊本に来ましたよ。

年齢がジャマをする?

でもね。本当の不安はそれじゃなかったんです。

一番の不安は…年齢でした。

なんせ34歳で校長って、若すぎるやろ…

専門学校に限らず、校長って初老のイメージありません?(怒られるわw)

案の定、いろんなことが起こりましたとも笑

他の学校の方から『若い校長ね。うふふw』と笑われたりね。

うふふwちゃうわ!

でもそうなるとなかなか意見も聞いてくれなかったりするんですよね~。

出向先でも、半分くらいは私より経験豊富な年上の先生方でした。

幸いにも出向先の先生方は私の実績も知ってくれていましたので、温かく迎え入れてくれました。

聞いたことはありませんが、もしかすると…たまには『この若造が!』と思っていたのかも知れません笑

出向先で一番大変だったことを一言でいうと『文化の違い』ですね。

この辺りの話もブログで紹介できればと思います!

結論から言うと、着任当初に組織がうまく動かなかった理由は、私の準備不足だったり、説明不足だったり、経験不足が原因です。

決して、私の年齢ではありません。(そりゃそうやろw)

『こんなことでミッションが達成できるのか⁉』

当時の私は『とにかく行動し続けるしかない。』と意気込むばかりで、解決策なんて一つも持っていませんでした。

いきなりのピンチに立たされた私を成功に導いてくれたのは、たった『3つ』の事柄でした。

1年で、劇的に数値を良化した、たった『3つ』の要因

こんな私が成功への道を切り開くことが出来たのは、たった3つのことが要因です。

  1. 書籍から様々な『知識』『考え方』『手法』を学び情報収集を行った。
  2. とにかく実践あるのみ!『知識』を『経験・実績』に変えた。
  3. 人の力をめちゃくちゃ借りた。

幸いにも私の趣味は読書です。

関西で勤めていた時は、電車通勤に往復2時間かけていました。

その時が年間読書冊数の最高で、年間150冊読んだこともあります。

そう、活字中毒症です笑

とにかく様々なジャンルの本を読み漁っていたので、知識だけはあったんです。

でも知識って、ただの情報なんですよ。

はっきり言って、実践には何の役にも立たない笑

やはり経験がモノを言います。そこで私は…

『知識』⇒『実践』⇒『経験・実績』に変える必要があったんです。

『実践、実践、実践!実践あるのみ!』

着任してからの1年間は、とにかく実践の日々でした。

知識を実践し、自分に合ったものに一つひとつ変換していく、気の遠くなるような作業です。

その中で、私流のチームビルディングが生まれ、身に付けることが出来ました。

そんなことを続けていると、それを見てくれていた人たちが声をかけて、助けてくれるようになります。

それは、上司だったり直近の部下だったり、先生方だったりするんです。

そりゃ、涙が出るほど嬉しかったですね。

思いっきり力を借りました笑

たくさんの仲間の力を借りて、協働するすることによって、周りへの影響力は3倍にも4倍にも、いや100倍にもなります。冗談抜きで笑

半年が立つ頃には、ようやく言い続けてきたことが少しずつ理解してもらえるようになりました。

そこからは、一気に業績を上げることにシフトしていきましたね。

この辺りの話もブログで紹介できればと思います。

また余談ですが…私の周りには、なぜかキャラの濃い方々が集まってきます。

あなたの推しキャラを是非見つけて楽しんでください笑

最後に

私は多くの書籍から知識を学び、本気で実行し、多くの仲間の力を借りて、熊本での5年間を過ごしました。

私ひとりの力では、何も起こせなかったのは明らかです。

このブログでは、私の知識、経験、失敗、成功、あらゆる情報を発信します。

ブログを通して、同じ悩みを抱え、もがき続けているあなたへ

少しでもヒントになることがあれば幸いです。

またリアルタイムでの奮闘記もお届けします。

共に成長できれば最高です。

『厄年に転職を決意した男の軌跡を追うドキュメンタリーブログ』をよろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました