【急げ‼】2020年9月スタートのマイナポイントは『早い者勝ち』⁉

知っ得
この記事は約7分で読めます。

みなさん、こんばんは。

財布を10年以上持っていない國米です。

基本、マネークリップですw

どうしても、カバンに入れたい時は…ジップロックが財布代わりですw

何も、いちびっているわけではありません。(ジップロックでいちびる奴おらんやろw)

マネークリップを使うようになったのには、理由があるんです。

仕事柄、ヨーロッパに出張することがあったんですが…

特にパリって、スリが多いでしょ?

なんか…スリって腹立ちません?

家族ぐるみで、気付かれないようにコッソリみたいなw

なんか…陰険というか、暗いんですよ。

そういえば…フランス映画って、暗いもんな。

まだ、カツアゲのほうが諦めがつくと言うか…w

まぁ、とにかくスリ対策に始めたわけです。 

『オレの金を取るなら、ポケットに手ツッコんで、力ずくで奪ってみんかいっ!』と。

ただ…師匠と私が………

サングラスにロングコートで、シャンゼリゼ通りを歩くと……

なぜか、道がサーっと、空くんですけどねw

カタギですけど……なにかw

このマネークリップって、使ってみるとめちゃくちゃ楽なんですよね。

なので、ずーーっと、マネークリップを使っているというわけです。

ただ…日本紙幣って、デカすぎません?

なんで、あんなにデカく造ったんやろ。

ジャマやねんw

統一紙幣が出来たのは、明治維新の時ですよね。

諸外国に比べれば、随分と遅れていたわけですから、明治政府はあれだけ外遊してたら、参考にできたと思うんですが…

まぁ…でも、これだけ自動販売機が流通してあるので…いまさら規格変更は無理でしょうね。。。

でも時代は、キャッシュレスですよ。

キャッシュレス化が、私の悩みを解決してくれるんじゃないかと期待しておりますw

さて、2019年10月の消費税増税に端を発し、始まった『キャッシュレス・消費者還元事業』もいよいよ2020年6月をもって終了しますね。

この機にキャッシュレスを始めた方も多かったのではないでしょうか?

多分に漏れず、私もその一人です。

そして、キャッシュレス推進事業の第2弾である『マイナポイント』が、いよいよ2020年9月よりスタートします。

厳密に言えば…施策が別なので、第2弾ではないんですが…

細かいことは、気にしないでおきましょうw

今回は、『マイナポイント』について、現在わかっていることをまとめてみたいと思います。

では、いきましょう。

マイナポイントって何?

まず、『マイナポイント』って何やねんってことを話しておきます。

マイナポイントとは、政府が『キャッシュレス決済の推進』と『マイナンバーカードの普及』を目的とした事業の一環です。

自身が選んだ、キャッシュレス決済を利用すると、利用額に対して、25%のポイント還元が受けられます。

一人当たりの上限は、5,000円分なので、20,000円で25,000円分の買い物が出来るということですね。

4人家族なら、20,000円分のポイントになるので…結構大きいですよ。

事業を詳しく知りたい方は『マイナポイント事業』をご覧ください。

マイナポイントって、いつから始まるの?

マイナポイントの付与期間は、2020年9月~2021年3月末までの約半年間です。

但し、利用するための予約申請を行う必要があります。

この予約申請が、2020年7月から始まるんです。

んー。

厳密に言えば、予約は既に始まっているんですが…最後の手続きに利用するキャッシュレス決済サービスを1つ選ぶという工程があります。

その手続きが、7月から始まるということです。

政府は、マイナポイント還元の原資として、2,000億円の予算案を打ち出しました。

単純に、4,000万人分のポイントが捻出されるということです。

2020年4月の段階で、マイナンバーカードの交付数は、約2,000万枚です。

このうち、全員がマイナポイントの利用予約をするとは、考えづらいので…めちゃくちゃ急ぐ必要はないかもしれませんが…

それでも、マイナンバーカードの交付には、約1ヶ月を要します。

予約数が4,000万人を超えた場合、打ち切りになるかどうかはわかりませんが…

マイナポイントを利用したいと考えている方は、出来るだけ急いだほうが良さそうですね。

マイナポイントを利用するための『3STEP』

マイナポイントを利用するためには、3つの準備が必要です。

すぐに出来るものと、ある程度の時間を要するものがありますので、しっかりと確認し、速やかに手続きを進めましょう。

尚、2020年6月時点では【STEP2】マイナポイント予約(マイキーID設定)まで手続きを進めることが可能です。

【STEP3】マイナポイント申込については、2020年7月より手続きが可能です。

【STEP1】マイナンバーカード取得

新型コロナウィルスによる、特別給付金を受給するために、マイナンバーカードを取得したという方も多いのではないでしょうか?

このマイナンバーカードの交付には…結構、時間を要します。

申請してから、交付通知が届くまでに約1カ月かかります。

そして、マイナンバーカードを取得しない限り、マイナポイントを利用する手続きが進みません。

7月からマイナポイントの予約が始まることを考えれば、今すぐにマイナンバーカードの交付申請をしないと、マイナポイントを受けることが出来ない可能性があるということですね。

詳しくは『マイナンバーカードの取得方法』をご覧ください。

マイナポイントは、早い者勝ちの可能性があります。

急ぎましょう。

【STEP2】マイナポイント予約(マイキーID設定)

マイナンバーカードを使って、マイキーIDの設定を行います。

このマイキーIDの設定が終われば、マイナポイントを利用する予約が完了したことになります。

この手続きは、すぐに終わりますよ。

マイキーIDの設定には、スマホまたはPCを使用します。

私は、スマホで設定を行いましたが、めちゃくちゃ簡単でしたね。

アプリをインストールして、手順に沿って進めればOKですが…

ざっくり言うと、スマホにマイナンバーカードをかざすだけですw

PCを使用する場合は、別途 ICカードリーダライタ が必要なので…スマホで設定するのが手っ取り早いかなと思います。

『Android』か『iPhone』かによって、多少操作が異なりますので、詳しくは『マイナポイントの予約方法』をご覧ください。

尚、スマホもPCもないという方は、全国に設置されている『支援端末』により設定することも可能です。

『支援端末』の多くは市町村の役場に設置しているようです。

支援端末設置場所については『マイナポイント手続きスポット検索』から検索可能です。

【STEP3】マイナポイント申込(2020年7月より申込開始)

最後に、利用するキャッシュレス決済サービスを『1つ』だけ選択します。

キャッシュレス決済って、いくつもありますよね?

クレジットカードから電子マネー、QRコード etc…

何種類かを使い分けている方もいらっしゃると思いますが、マイナポイントの対象になるキャッシュレス決済サービスは、自身で『1つ』だけ選ばなければなりません。

まだまだ店舗によって、使えるサービスが異なりますので、普段使用する頻度などを考えて、慎重に『1つ』だけ選んでくださいね。

マイナポイント対象の決済サービスは『キャッシュレス決済サービス検索』で事前に確認することが可能です。

マイナポイント付与から使用までの流れ

手続きが終わり、2020年9月を迎えれば、あとは選んだキャッシュレス決済サービスを利用するだけです。

自身が選んだキャッシュレス決済サービスで、『チャージ(前払い)』または『購入』するとポイントが付与されます。

付与されたポイントは、『1ポイント』=『1円』として、使用することが可能です。

マイナポイント事業により、付与されるポイントは、利用したキャッシュレス決済サービスに付随するポイントです。

例えば…キャッシュレス決済サービスを…

【nanacoを選んだ場合】

付与されるポイントは、nanacoポイントです。

【au pay を選んだ場合】

マイナポイントは、au pay 残高に加算されます。

このように、利用するサービスによって、付与方法が異なります。

また、付与されるタイミングについても、利用するサービスによって異なります。

詳しくは『キャッシュレス決済サービス検索』より、自身が利用したいサービスの詳細をご確認ください。

今日は、ここまで。

マイナポイントを利用されたい方は、出来るだけ早くに手続きを行ってくださいね。

では、ばいなら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました