え⁉ 服部半蔵が『バイト』ってホンマなん⁉

歴史探訪
この記事は約6分で読めます。

みなさん、こんばんは。

『忍者』って聞いたことありますよね。

海外でも、かなりの人気を誇っている『忍者』ですが…

皆さんのイメージとしては、全身を黒装束で固め、尋常じゃない身体能力で壁を越え、忍術を駆使して戦闘に参加する人って…感じでしょうか。

有名な忍者としては、服部半蔵や風魔小太郎、石川五右衛門あたりでしょうか。

ちなみに、服部半蔵や風魔小太郎は、その組織の頭に付けられる名です。

歌舞伎や落語のように襲名制を取っていたわけですね。

皆さんが知っている服部半蔵は、二代目服部半蔵正成です。

尚、猿飛佐助や霧隠才蔵は、架空の人物です。

今日は、忍者の実態に迫ってみたいと思います。

『忍者』って、いつから存在するの?

そもそも『忍者』という言葉を使い出したのは昭和です。

めっちゃ最近ですねw

漫画や小説の中で生まれた言葉なんですね。

では、当時は何と呼んでいたのか。

これは地域によって呼び方が違ったようです。

『草(くさ)』『透波(すっぱ)』『突破(とっぱ)』など様々です。

『すっぱ抜く』とか『突破する』という言葉はここから来ているわけです。

書簡では、南北朝時代から忍者は存在しています。

それが、大楠公こと『楠木正成』ですね。

横井小楠の回でも少し紹介しましたね。

忍者の祖と呼んでもいいのではないでしょうか。

神戸湊川神社に御祭されています。

御墓所については、水戸の光圀(水戸黄門)が建立したほどの人物です。

『日本人の鑑』とも言われる方で、戦国武将や幕末志士にも非常に人気のある方です。

忍者の任務

忍者の任務としては…『暗殺』だと思っていませんか?

もちろん、それも任務の一つですが…

メインの任務は『諜報活動』です。

要するに、スパイですね。

特に足利幕府が権威を失い、戦乱の世が訪れた戦国時代なんかは、裏切り裏切られることは日常茶飯事ですからw

情報取集が非常に重要だったわけです。

敵方の部隊に入り込んで情報取集を行ったり、町人の格好で町に根を張り動きを探ったり…

時には物乞いの格好で数カ月もの間、同じ個所に留まり、警備などの情報収集を行ったりするわけですね。

戦において、情報が重要であることは、今も変わりませんね。

そして、それはビジネスでも同様です。

『忍術』ってどんなものがあるの?

マンガなんかでよく見かける『忍術』は、ホントに実在するのでしょうか。

結論から言うと…存在します。

さすがに、マンガのようにはいきませんがw

例えば…隠れ身の術ってありますよね。

隠形の術ですね。

あれはステルス行動です。

物陰に隠れたり、擬態して隠れるわけですね。

走り方も音を出さないように、めちゃくちゃ工夫されています。

先程も少し触れましたが、忍者はあらゆる場所、場面に潜入します。

伊賀忍術には、変装の術というものがあります。

これも…隠れ身の術じゃないですかw

その他にも、忍者は火術を得意とします。

火遁の術ですね。

火薬玉を使って、煙に紛れて逃げるシーンもよくありますよね。

実際、火薬玉も使いますし、火矢や狼煙、鉄砲まで扱います。

火薬の調合なんかは、それこそ秘伝の技でした。

水遁の術は、海や川の中に隠れる術です。

その他にも、撒き菱などを使った金遁の術なんかもありますね。

忍者のメイン任務は『諜報活動』ですから、情報を持ち帰ることが最優先されます。

よって、交戦するよりも『逃げ生き延びる術』が忍術には多く存在するというわけです。

最上位の忍術『諜略』

最も重要で難しい忍術として『諜略』というものがあります。

これは、敵方に入り込み信頼を得て、寝返りを成功させる忍術です。

要するに、敵を味方にしてしまうわけです。

戦わずして勝つ忍術として、非常に重要とされていました。

これは、さすがに一介の者に出来ることではありません。

相手方の武将に取り込むわけですから、こちらもある程度の武将である必要があります。

戦国時代では、豊臣秀吉が好んで使った戦い方ですね。

忍者が使用する武器

恐らく…手裏剣をイメージしますよね。

ただ、潜入先で手裏剣持ってたらおかしいでしょw

忍者ということがバレてしまいますw

多くの場合は、農作業を行う道具を武器として使用しました。

たとえば、鎌とか鋤ですね。

潜入先で身体検査をされても、問題のないモノを武器として使用したわけですね。

忍者の階級って…どれくらい?

武士階級でいうところの、忍者はどのあたりに位置するのでしょうか。

まず、上位は侍ですよね。

士官して初めて侍と呼べるわけです。

逆に、召し抱えられなければ、侍ではないということですね。

武士階級での最下層は、やはり足軽でしょうか。

では…忍者はというと。。。

ほとんどの忍者は、足軽よりも下ですね。

現代で例えるなら…

足軽は、契約社員。

忍者は、バイト。

こんな感じでしょうか。

忍者って…思ってたのと違う。。。

ここまで読んでみて、なんかイメージと違いません?w

『え?ほな服部半蔵もバイトなん?』

世界初⁉『諜報機関組織』を作った男

忍者組織ってありますよね。

有名なところでは『伊賀組』『甲賀組』ですね。

そもそも忍者って、バイトですから組織だったものはなかったんです。

それを組織としたのが、徳川家康ですね。

そして、その組織をまとめたのが服部半蔵です。

なので、服部半蔵は侍です。

遺されている絵を見ても帯刀してますよね。

これが恐らく世界初の諜報機関ではないかと、私は思っていますw

マッカーサー率いるGHQが、重要資料として伊賀組などの忍者集団の書簡を持ち帰って、CIAを作る参考にしたなんて話もありますからね。

ホンマか知らんけどw

尚、『伊賀』と『甲賀』が対立しているように思われがちですが…

そんなことはありません。

伊賀と甲賀が戦ったのは、織田信長が攻めた1回だけです。

徳川家康によって、『甲賀組』『伊賀組』と組織された後は、共に家康の元で鉄砲隊として活躍しています。

士官できなかった忍者の末路

家康に召し抱えられた忍者は、さほど多くありません。

天下泰平の世が築かれた後は、バイトを雇わなくてもいいわけです。

士官できなかった忍者はどんどんと職を失っていきます。

そうなると…忍術を使って生きていく方法を考えなければならないわけです。

多くの忍者は、忍術を使い芸人になったりするわけですが、中には山賊や海賊などの盗賊に成り下がるものも出てきます。

秀吉が天下人になった時、石川五右衛門が大泥棒になったようにw

ちなみに、服部半蔵は現在の半蔵門あたりで、饅頭屋を営んでいたという話もあります。

知らんけどw

今日は、ここまで。

忍者のイメージが随分と変わったんではないでしょうか。

冒頭にもお伝えしたように、忍者という言葉は昭和に生まれた言葉です。

忍者とは、忍びの者です。

武将に『諜略』を行わせる時も『忍び』『忍ばせる』という表現を使いました。

忍者とは階級を示すものではなく『諜報諜略』を行う者を指す言葉と考えるほうが良いかもしれませんね。

では。ばーい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました