【読書のススメvol.2】読書量と年収に違いはあるか?

教育
この記事は約3分で読めます。

『読書があなたの人生を豊かにする』

なんか、カッコええ感じで言うてますがw

ホントなんでしょうか?

今日は『読書量と年収に違いはあるか?』をテーマに書いてみたいと思います。

読書量と年収に違いはあるか?

前回の記事で、偉人には読書好きが多いという話をしました。

はたして、それは本当なんでしょうか?

アメリカの研究機関が、読書量と年収の関係性について調べました。

その結果、読書量と年収には大きな関わりがある可能性があるのではないと言われています。

研究内容を見てみましょう。

この研究機関では、年収8万ドル(800万円前後)以上の裕福層と年収3万ドル(300万円前後)以下の層を対象に読書に関するアンケートを実施しました。

アンケート内容年収8万ドル以上の層年収3万ドル以下の層
1日30分以上、ビジネス書を読む88%2%
自分は読書家である86%26%
移動時にオーディオブックを聞いている  63%5%

これは…すごい差ですよね。

それにしても、オーディオブックを聞いている人が半数以上いるとは思っていませんでした。

読んだほうが速いので、敬遠していましたが…

一度、経験してみたいですね。

そして、さらに10万ドル(1,000万円前後)以上の収入を得ている人は、読んだ本の内容を他人に話すと回答した人が多かったようです。

インプットしたものをアウトプットすることで身に付くというのはホントなんでしょうね。

私も職業柄、アウトプットはかなり意識をしてしています。

10万ドル稼ぐ日も近いのでしょうかw

日本人の月間平均読書数

では、日本人はどれくらい読書をしているのでしょうか。

文化庁が2018年に出している月間平均読書数のデータでは…

  月間平均読書数     割 合  
読んでいない47.3%
1~2冊37.6%
3~4冊8.6%
5~6冊3.2%
7冊以上3.2%

約半数の人が、1冊も読んでいないという驚きの結果ですね。

アメリカの研究機関の仮説が正しければ…

月に1冊読むだけで、日本人の半分より上になれます。

半数の人よりも『幸せ』になれる確率が高くなるというわけですね。

たった1冊読むだけで、人生の質が変わりますよw

月間5冊以上読んでいる人は、日本の『トップ6%』に入ってきます。

ここまで来ると、人生は豊になるでしょう。

継続して、読書をし続ければ、成功者になる確率はどんどん上がるはずです。

年代別で見てみると、20代30代のビジネスマンの月間平均読書数は『0.26冊』です。

それに対して、30代で3,000万円以上稼いでいるビジネスマンの、月間平均読書数は『9.88冊』です。

この差は、ヤバいですよw

私もデータ上は、3,000万円以上稼ぐことも出来るというわけですw

3,000万円を目指して、読書を続けながら、アウトプットしていきましょう!

年収3,000万円を夢見てw

今日は、ここまで。

次回は、読書する人としない人に、なぜこんなにも差が生まれるのかを話したいと思います。

では、ばーい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました